更なる追求が素晴らしいっす∑d(≧▽≦*) | IWGB

更なる追求が素晴らしいっす∑d(≧▽≦*)

2017.08.18.Fri.00:04
「ましまろ」全ルート終わりましたので感想を。

凄まじく長くなりそうなので先に採点表を投下して
mashimaro.jpg
続きは以下追記にて。
.


とにかく絵の完成度がパないですね。
原画と塗りのお仕事ぶりも凄いですが、
ただでさえデカい解像度の絵を拡大縮小しても
全然線がカクカクしない圧倒的画質。

それでいてエンジンはサクサク進行しますし
絵についてはホント凄いクオリティだったなぁと。

また「初恋サンカイメ」「恋愛日常」などで危惧していた
ちこたむさんの絵柄の変化も
この作品に関してはもう文句なしでした。
髪のふわふわ感や頬の赤みといった、
ままれの圧倒的な塗りのサポートももちろんあったと思いますが
原画そのものも以前のモノに戻られたような印象を受けましたね。
もちろんさそりがためさん・芹俊さんのキャラも安定感抜群だったと思います。

その中で過去作からめっさ進化したように思えたのは塗り。
もともと相当にレベルの高いブランドだと思ってはいましたが
今回はもう圧倒的なクオリティになってきたなぁと。

パッと見、昨今の流行りに沿った薄めな塗りなハズなんですが、
結構ベッタリ塗っていますよね。単に色素が薄いんじゃなく、
光や空気感もしっかり描き込んだ油絵みたいな雰囲気というか。
これによって臨場感がとんでもないレベルになってたように感じました。

そしてその破壊力はエロシーンで思いっきり活かされてたと思います。
着衣の濃淡と肌色の対比でもかなりエロさを醸し出していましたが、
そもそもヒロインの肌色の塗りだけでかなりパないエロさがあったと思えましたね。
ロリ担当の汐ですら、全裸立ち絵の時点で相当にエロく感じたくらいですしw

で、この塗りを以てして、更にエロさを追求してるところがホント凄ぇなとw
やたら薄くて守備範囲も最小限のモザイクに
股間やケツ重視の構図の多さや
事後にあれこれ漏らす描写を何度も入れたりと
どうやって今までよりエロく見せるかの工夫があちこちに見られたと思います。

1枚1枚の絵のクオリティを上げても、1回のエロシーンでCG3~4枚は
平気で注ぎ込む姿勢は変わってないですし
この点は手放しで評価したいところですね。

一点、絵で違和感があったのは立ち絵の首元。
この箇所に限らず、本来影が付くところに白っぽい塗りが目立つんですよね。
当初はシッカロールでも付けたかのように見えて違和感あったんですが
前述したように油絵と思って見たらすんなり見えてきました。

というところでここまでだいぶ絵を激賞しましたけど、
シナリオもその絵の良さを引き立てていたと思います。
萌えやエロに関してはシナリオでも申し分なしだったなと。

また、どのルートでもハートウォーミングでまとめきってたり
ルート間で伏線を忍ばせていたり、というアウトフレームが
そこそこしっかりしててそこは安心感ありました。
伏線や展開はバレバレでも
メインは萌えとハートウォーミングって作りでしたから
それでも十分に許されるところでやってたなと。

ただ、「わかるけどちょっと雑すぎね?」
という場面が多々あったのも確かで。

大概絶叫オチでワンシーン終えますけど
叫んでる内容に違和感があったり、
そもそも叫ぶこと自体に違和感がある場面でもそれでオチ付けたりで
そこはだいぶ強引さを感じましたね。

また、ライライルートでのセフレになるまでの流れや
紗々ルートでの彼女のキャラを壊しすぎてるように思えた部分など
だいぶ無理を感じたところもあったので
シナリオ評価はまぁ及第点レベルに落ち着くのかなぁと。

ただ、やっぱりキャラ描写は上手かったと思います。
特に花音&汐の幼馴染みコンビに対して
紗々&ライライという初めは「珍しい組み合わせ」と言われた2人が
どんどん仲良くなっていく流れは良かったなぁと。

あとはちょくちょく出てくるネタがちと古いように感じましたw
平成生まれの人にはほとんどわからんネタがやたら多かったような。
シナリオではないですが、緊急回避画面の「ダブルキャスト」ネタなんて十数年ぶりに見た気がw

音に関してはBGM・ヴォーカル曲に関しては
さすがのSolfaクオリティ、という感じ。
OP曲でいつものメンツじゃなく過去作のヒロインを持ってくる、
というところも変化があって楽しめました。

キャスト陣に関しても、月野さんと瀬良木さんはかなりハマリ役だった印象。
また有栖川さん筆頭にモブが豪華すぎなのは笑えましたね。

まぁそんなところでもう一度採点表投下↓
mashimaro.jpg
キャラゲーとしてはほぼ完璧な得点かと。
満足度でもう1点足りなかったところはやはりシナリオですかねぇ。
7まで行ってくれれば92前後までは伸びたと思うのですが。
Comment
No title
感想乙です
個人的には現時点で今年のNo.1ですね
シナリオは確かに強引な部分が多かったとは思いますが、プレイヤーにストレスを与えるような点が無かったのは好印象でしたね
はるるが全キャラ終わってない(主にエウのせい)ので、個人的には今年1発目の完走作品となりましたw

No title
ワタシは最初に汐→花音とクリアしたんですが、この時点では「人気声優も食って年間トップかも」とワタシも思ってました。

が、その後、紗々→礼羽と進めれば進めるほど、前2つとの落差にガックリきちゃいまして。

これはやる順番間違えたかもしれないっすね(´・ω・`)
全く逆にプレイしてたら印象がだいぶ違ってたように思います。

90つけた「ティンクル」とどっちが楽しめたか、となると遜色ない気はするので、後日修正の可能性はあるかもです( ̄▽ ̄;)ゞ

管理者にだけ表示を許可する