一部時代を先取りしてたと(ノ∀`) | IWGB

一部時代を先取りしてたと(ノ∀`)

2017.09.10.Sun.01:03
「アオリオ」終わりました。
最後に取っといた部長ルートがやはり一番スカッとしてましたね。

また某おバカキャラもなかなかだったと思います。
当初は他の男性キャラに惚れてる、という地雷になりやすい攻め方でしたが
その相手が前作の主人公という設定で地雷回避してましたし
まとめ方も良かったな、と。

この2ルートだけならそこそこ高得点になってたのではないかと思います。
まぁ2012年は「ころげて」「グリザイアの迷宮」「はつゆき」辺りを筆頭に
それなりレベルの高い年だったと思うので年間ベスト10に入るかというと微妙ですが。


そして一番褒め称えたいところは。
昨年一部で流行した「授乳手コキ」を2012年時点でやってたこと(ノ∀`)

しかも桐谷さんキャラでそれをやってましたから、
「千恋」のリヒテナウアーさんより4年早かったと・・・
ってあれ、沢澤さん名義でしたっけ(;´▽`)y-~~

短所は先日やった最新作「アオイロノート」と被りますね。
なんでか一人SF設定入るのはお約束のようですが
そこで設定が破綻気味になってるところと
イベントCGの光源の塗りが極端すぎるところ。

あとは「アオイロ」ほどシナリオでのツッコミどころがない代わりに
更紗のキャラデザはちょっと意図が掴めなかったですね。
5年後の「アオイロ」でその系統のキャラが
いなくなってるのもナットクでしたわ。

そして「アオリオ」の理央を見ると
「アオイロ」で玲央が攻略対象になったのもこれまたナットク。
ぶっちゃけ見た目は一番カワイイのだからそらこうなるわ、と。

2作の塗りを比べるとやはり「アオリオ」くらいの濃さのほうが
このベッタ塗りには合う気がしました。

とりあえず原画のMoo℃団の方達は、今秋
CUBEの「ゆらうか」でも一部原画を担当されるので
他社の塗りでどうなるかは見てみたいところ。

とは言えね。
「アオリオ」はかなりの部分、桐谷さんのボイスで加点してるので
次作以降やるかどうかはもう塗りの問題じゃないような(ノ∀`)
Comment

管理者にだけ表示を許可する