おおう、ここまで好みと真逆に来るとは( ̄▽ ̄;) | IWGB
FC2ブログ

おおう、ここまで好みと真逆に来るとは( ̄▽ ̄;)

2017.11.08.Wed.01:41
「純カリー」全ルート終了しましたー。

とりあえずめっさ短いですね。
中身も正直薄いっすね。

や、なんでこうなった?

前作「魔女パレ」は昨年のサプライズ大賞までもう少し、
ってところに付けていたので、
今作は期待値それなり高めに見ていたのですが・・・
(前作は期待値65→満足度88。今回は期待値75)

個別に分岐したら後は全ルート、流れもペース配分も一緒。

告白まで少し時間をとって、
そこからカップル成立後は同居人が気を利かして初Hからの
あとはちょこっといちゃラブを交えながらHシーンを垂れ流し
ラス前でちょろっと問題を投下して
百クリック後くらいには全解決してハッピーエンド。

「フリークス」という独自かつ軸となる設定も
幽香ルート以外、正直あんまり活かされたとも思えず。

ギャグとシリアスのバランスが絶妙だった前作が
好みのタイプな自分としては
「えーなんでこうなったー?」
という感想しか出て来なかったですねぇ。

ライター兼代表の保桜氏がどっかで
「魔女パレはエロシーンまでが長いという意見があってそれは解消した」
みたいなことを言っていたのを見たのですが
いくらなんでも極端すぎやしませんかね。

あと全ルートやってみて一番引っ掛かったのは九十九さんと理央ルート。
2人は幽香の状況と気持ちを知ってるワケですよ。
それなのに彼女に対しなんのフォローもないまま
平気で主人公と付き合える、ってのはすげーなぁと。

というか前作見る限り、保桜氏の単独シナリオなら
たぶんなんらかのフォローは入れてたと思うのですが。
前作では失恋した側の描写も丁寧でしたし。

そーゆー機微もガン無視でここまであからさまな
エロメインのキャラゲーに走るなら
絵師さんは前作のあにぃさんのような実績のある絵師さんで
やったほうが良かった気もしますね。
それならそれで割り切れる物がありますので。

で、その絵については。
原画のぼに~氏の独特の鋭角なラインがどう映るかで
だいぶ評価が分かれそうな気がしました。

ワタシ的にはツリ目キャラが横向いた時は
バランス取れてて結構可愛く見えたのですが
ツリ目にしてもタレ目にしても、
人を刺せそうなくらい長く尖ってるアゴが
相当気になってしまいました。
横顔だとそれが丁度良くなるので可愛く見えるというね。

反面、顔以外の描写は
エロゲンガーデビュー作とは思えないくらいの画力を
発揮されてたと思います。

CGはやたらおっぱい推しの構図が目立ってましたが
その辺キチンと描き分けられてましたし
スレンダー系のキャラでもフトモモはムチムチ描いてたり
顔の鋭角さとは打って変わって
丸みの表現がキチンとされてましたね。
それだけにどうしてあの顔になったのだろうとw

また前作の感想でつい連呼してしまったB地区の塗りですが
今回大幅に良化されたと思います。
それもあって前作よりエロく感じる部分も結構ありましたが・・・
ワタシの性癖的にあんまり来る物が無かったのは
表情のせいなのかアゴのせいなのか。

ヴォーカル曲・BGMはだいぶ和テイストが利いてて
これのおかげで逆にシナリオの期待値が高まったんですが
音で形成された世界観は音だけで完結してましたね。

そんなワケで採点表↓
juncurry.jpg

前作があったので、今作は無条件買いしましたが
次作以降は様子見必須な感じ。
自分的に警戒レベルを上げる必要がありますわ(ヽ´ω`)

あと、セーブ&ロード時の演出もぶっちゃけ不要です。
ほんの数秒もないですが、あれでいちいち待たされるのは
正直イラっと来ますね。

その辺の演出や、タイトル画面・コンフィグ画面での見た目は
COSMIC CUTEの「love,VAMPIRE FLOWERS」に似た仕様でしたが
今回も春山Pのアイデアなら
正直次作からリストラしていただけると助かります。
Comment

管理者にだけ表示を許可する