一番濃いところに一番噴いた | IWGB
FC2ブログ

一番濃いところに一番噴いた

2018.02.19.Mon.00:58
「トリノライン ジェネシス」全ストーリー終わりました。
(ちなみに本編の感想はコチラ

本編のヒロイン3人のアフターにサブ2人のアナザー、
そして前々作「ソレヨリノ」の人気キャラ:永遠のアフター
の計6編収録の作品だったワケですが。

や、どれも軽いっていうか薄いっすねぇw
演出とBGMから展開されるminori独特のスローなテンポは
これでもかと満喫できるのですが、とにかく中身がうっすいw

本編では無駄に「死」を絡めてただけに、
そのギャップが大きいですね。
いかにもFDらしいっちゃソレまでですが。

まぁ本編ヒロインズのアフターで各ヒロインに1つずつ
「お」と思うシーンがあって
そこで「まぁいっか」と許せる心境になった感じです。
シロネなら某母親との仲の良さ。
ニヒっなら「生きてて良かった」のセリフ。
沙羅なら某父親からの伝言。


本編の各ルートでのラストよりちょっと関係性は進んでて、
でも付き合ってく中で新鮮に感じられる可愛さもあって・・・
という描写はさすがの安定感。
そこにコスプレのサービスシーンをねじ込みつつ
本編ヒロインズは基本Hシーンは1回ずつ、という構成。

その1回の尺がかなり長めなところは頑張ったなぁ、
とは思うのですが、薄いノリをひたすら延ばして最後にドカン、
という展開はちとしんどかったかも。
小出しに3回分をバランス良く振り分けてくれたほうが
楽しめた気がしました。

そしてアナザーのほうですが。
おそらくサブの中で一番人気があったであろう日比野さん。
本編では難しい立ち位置に居たコだったので
一変してシリアスな話になるのでは・・・と思ったら。
終始「陥没」だけでお話を作ってて盛大に噴きましたwww

緩い空気感の中で精一杯いちゃラブしてるこの作品の空気感を
一番体現してるのがこのアナザーだったなぁ、とw

で。
ラストに取っといた「ふぉーえばー」ちゃん。

・・・スゲェっすね。
ダントツでエロシーンが多いw
スタッフからもどんだけ愛されてるのかとw

そしてまっさか「ペルセ」の舞台が再登場するとも思ってませんでしたし
過去作の空気感に触れられて、そこも非常に楽しめました。

また、中のくすはらさんは沙羅の役もやられてるので
「どうせなら永遠と沙羅の絡みも欲しいよなぁ」と思ったら、
まさかのもう1人登場www
期待以上の展開にわらかしてもらいましたわwww

ということで採点表は↓
torinoj.jpg
・・・たぶん永遠アフターがなければ60前後だった気がw

そもそも本編を割と酷評したワタシが
このFD買った購入動機の99%がこの永遠アフターだったので
そこは期待値以上でしたね。
Comment

管理者にだけ表示を許可する