苦戦中の一服の清涼剤だったのは | IWGB
FC2ブログ

苦戦中の一服の清涼剤だったのは

2018.03.14.Wed.22:59
プレイ中の「アイテ」、1週間以上掛けてようやく終わりました。

苦戦の理由は共通と最初に選択した巨乳2人ルートでしたね。
共通で引っ掛かったのはHOOKでよくあるモブキャラ達の扱いの酷さ。
揃いも揃って下世話すぎるのがどうにも。

かつての「男性キャラでマトモなのは主人公だけで他はバーサーカーばかり」
という作品の頃からは幾分良化してましたが、
悪ノリしまくるスタンスは変わってないので、やっぱしんどいなぁと。

巨乳1人目の副会長はわかりやすいというよりテンプレすぎて
萌え描写がほとんど滑って見えてキツかったっすねぇ。

巨乳2人目の転校生は奏雨さんのふわふわボイスに
意外にあざとい性格がかなりハマってたと思うんですけど
さすがにちょっと媚び売りすぎかなぁ、と引いてるところに
終盤の展開でかなり萎えました。
この作風であの設定は付け焼き刃感が凄まじくて正直要らねぇっす。

この時点でブン投げも正直考えたんですけどね。
ただ、残した3人はパッと見の時点でストライクゾーン入ってたので
ダメ元でチャレンジしたら・・・こっからは2日で終わりましたw

この3人はお話的にも萌え的にも無理なく普通に入って来ましたし
絵的にも巨乳2人より正直エロかったなぁとw
あの絵柄と塗りは、巨乳より普通以下のほうがハマる気がしましたね。
巨乳だと乳輪B地区のバランスやらハイライトに違和感ありました。

また後半3人はサブの青葉や萌楓との接点があるのが良かったのか
日常シーンから前半2人にくらべてお話に幅があったように感じられました。
っていうか、HOOK作品の女性キャラでは珍しいくらいに
ぶっ飛んでた青葉と、誰よりしっかりしてた萌楓は
苦戦中のワタシには救いのキャラでしたw
結果的にメインヒロイン達より存在感ありましたねぇ。


っていうか、パッと見では彩楓さんが一番好みだったワタシですが
それが消し飛ぶくらい萌楓ちゃんのほうがタイプ、
ってのがなんかリアルっぽくてソレもツボでしたねw
や、知人友人で「好みに近い」と付き合った女性の姉妹に会ったら
そっちのほうが断然好みだった、先に知り合ってたら絶対こっちと付き合ってた、
とか良く聞くのでw


また3人に限らず作品全般で言えることですが、
事後のピロートークがかなり丁寧なのと
更にその後の着替えまで描写したり、という点は素直に良いと思えました。

そこの描写で可愛く見せるのと主人公をどれだけ好きか、
ってのを見せる意図があったと思いますが
ソレはこれでもかと伝わって来ましたね。

あと、ボイスのほうでは前述のとおり、
まず奏雨さんがかなりハマってたと思います。
シナリオとキャラ設定がもう少し違ってればマイ嫁ランクにも
ノミネートされてたと思うのですが。

あとは卯衣さんの彩楓も舌っ足らずな喋り方が妙にツボに来ましたね。
最初以外ちゃんと言えてるのに
毎度「こしみじゅかしゅみ」にしか聞こえない言い回しも
毎回毎回じわじわ来て「やっべぇ、なんかかわええ」とやられっぱなしw
一度、萌楓に浮気しかけましたが、デレてからのボイスにやられて
また彩楓さんに戻るだけの攻撃力はありましたw

そんなところで採点表投下↓
ishetell.jpg

とまぁそんなワケで2人終わった時点では50点以下も想定してましたが
終わってみればだいぶ点数を戻した感じ。
後半3人だけなら80弱くらいはあったと思います。

とは言え次回作を買うかどうかと聞かれれば、「たぶん買わない」と答えますねw
ただその状態で今回買っちまったので、正直どうなるかわかりません( ̄▽ ̄;)ゞ
Comment

管理者にだけ表示を許可する