絵的には間違いなく良化・シナリオは好みの問題かなぁ? | IWGB
FC2ブログ

絵的には間違いなく良化・シナリオは好みの問題かなぁ?

2018.03.20.Tue.17:24
「働くオトナ2」全ルート、アフターまで終わりました。
(ちなみに前作の感想はコチラ

前作の時点でも思いましたが、
いかにも「働く女性」って感じの人は案外少ないよなぁ、と。
とは言え今作も前作同様、キャラゲーとしては秀逸かと思います。

前作の主人公が「変わろう」として仕事や私生活で頑張った姿に比べて
今作はそこまでの描写がなく、正直ノリも相当軽くなった印象。
とは言え、「働くオタク」のようなご都合さはあまり感じられず
よりサクサク進められるキャラゲーにシフトした印象です。

あと前作より良化したと思ったのはBADエンドの設置。
前作でも「働くオタク」でも、誰かの個別に入ってもモブとHできる仕様になってて
仮にそれを選んでもBADに分岐、ということにはならなかったのですが。

今作では個別に入った場合、まず浮気Hがなくなりました。
ただし誰も選ばなかったら、今度はひたすらモブ達と
一夜限りの関係を重ねて、最後にBADという流れ。
これで前より主人公の誠実さは増したかな、と。

思えば前作の主人公が変わろうとする描写も
説教臭いと受け取る人もいたと思われます。
なのでその辺は軽くしつつ、
逆に誠実そうに見えて実は軽かった前作の主人公を
もう少しヒロインに対し誠実にした、ということで
前作でストレスになりそうな部分は概ね解消されてるかと思います。

そのBADの終わり方も一歩間違えばこうなる可能性がある、
という説得力はあったと思いますし。

あと、Hシーンの1回1回を長めにねっとりやってるのは「働くオタク」の反省点なんですかね。
アレはスタッフが違いますが、だいぶ淡泊でしたし。


また、前作の主人公にヒロイン全員をサブとして出してるところは
単純に凄ぇなと思います。
中の人に変更がなく全員また起用してるのも凄いですが
前作も今作も全部秋空もみぢ氏がピンでキャラデザしてますからね。

前作5人+今作5人のメインヒロインとHシーンのみ絵で登場するモブ10人を
1人で全部描き分けてます。
髪色もモブに1人だけパツキンがいますが、あとは黒系・茶系のみの縛り。
よくここまでやるなぁとw

更にここまでのキャラを用意しておきながら
1人1人の立ち絵の表情の差分の数がホントにパない。
特に一見無感情に見えるそらの表情の豊かさは
立ち絵だけでこのコの魅力を大部分表現してるなぁと。

前作ではイベントCGで少し不安定さも感じましたけど
今作ではその辺もあまり違和感感じず
高いレベルで安定してたと思いますね。

そんなところで採点表↓
otona2.jpg
個人的には前作の説教臭さは嫌いじゃなかったのと
アスカとともえの個別の設定リンクが評価ポイントだったので
その辺を排除した今回のほうが満足度は若干低め。

とは言え、絵・キャラに関しては前作より楽しませてもらいました。
特にヴィジュアル的にそらはかなりの破壊力がありました。
むくれた表情も相当に可愛かったですし。
ただ、前作も含めて一番「仕事してるオンナ」だった莉香子さんが
シナリオ的にもキャラ的にもツボでしたね。
あとは前作でも登場したモブが今作の主人公とも行きずりH、
なんて場面を期待してたんですが、そこがなかったのはまぁ当たり前ですかね(ノ∀`)
Comment

管理者にだけ表示を許可する