描いて欲しかったのはそこじゃない | IWGB
FC2ブログ

描いて欲しかったのはそこじゃない

2018.04.07.Sat.00:27
「アイラブ」の感想。

心を持ったアンドロイドを作った主人公、
とよくあるお話ではあるのですが、
そこでアンドロイドを通して主人公が成長する、
という視点は楽しめましたね。

とは言え選択肢一切なしの一本道のストーリーで
なにか大きな事件や象徴的なエピソードはほとんどなく
ひたすら日常を重ねる手法。
そしてアンドロイド3人はもう見た目から萌えどころに至るまで
属性通りカッチリ決まってた感じで、キャラ描写もひたすら王道。
少しメリハリに欠けた印象は正直あります。

クライマックスもそれかぁ、という感じで
ひたすらほのぼのした印象でしたね。

こうなると一番の見せ場はカットされたあそこだろうと。

立ち絵も出て来なかったモブの妹ちゃん。
必要に迫られて兄貴に例のサンプリングをされたワケで。
どう考えてもそのシーンが一番ドッキドキな場面だったハズです。
なんでイベントCGの1枚も用意しなかった(´・ω・`)

とは言え、さえきさんの絵は暁WORKS作品の頃から比べると
だいぶ可愛さが出てきなぁという印象ですね。
ヒロイン3人がカワイイと思えるなら正直「母性カノジョ」より全然アリかと。

ilove.jpg
Comment

管理者にだけ表示を許可する