Wエース不発の割りには | IWGB
FC2ブログ

Wエース不発の割りには

2018.04.12.Thu.02:08
「ナイムネ」全ルート終わりました-。

OPの霜月さん筆頭に、Solfaに外注した音楽面と
せせなさん・イチリさんの絵柄で
かなり雰囲気のある世界観してるなぁ、
とは第一印象から思っていまして。

あとはシナリオでどうか、というところでしたが
まぁ覚悟してたよりは良かった、という印象w

冒頭、のっけからやたら主人公の独白が多いため
説明的かつメリハリのない描写が続いた時は
正直かなりもやっと来る物がありましたが
ヒロインが全員出揃った辺りからは普通に読めるようになりました。

まぁそれでも若干共通でダレるところがありましたが、
これは駄菓子屋再開までが少し長かったことと、
なんでもサルでオチを付けるワンパな会話のやりとりのせいかなと。
とは言え、冒頭ほどしんどさはなかったので
冒頭さえ乗り越えられれば大丈夫かと思います。

そして各個別に入って印象に残ったのはシナリオより絵でした。
イチリさん担当の美咲と優希は期待以上でしたね。
Parasolの「桜ひとひら恋模様」の芳野は
昨年のマイ嫁ランクの上位に来てただけに
今回もそれなり以上に期待してたんですが
期待値は十分超えてくれたかなと。

予想はしてましたけど、やはり一番エロかった美咲と
一番カワイイ優希のそれぞれのギャップが
絵でも十分に発揮されてたと思います。

反面。せせなさん担当のヤヨ・カナは
立ち絵ではかなりハイレベルだと思うのですが
イベントCGになると「あるぇ?」と正直違和感が。

表情が一番顕著ですが、
カラダのバランスとか原画そのもののクオリティが
正直クロシェットやGLacé作品の時と比べるとかなり落ちるなぁ、
という印象で。

それでも立ち絵はマトモだから、と思って期待しても
やたら脱ぎまくる美咲や、
回数は少なくてもどどーんと巨乳を晒す優希と違って
ヤヨ・カナは立ち絵では一度もB地区すら出さない、という演出。
ヤヨは未確認ですが、
カナに関しては絵そのものはあるハズなんですよね。
や、正直なんでこうしたんだろうなぁと。

またシナリオ面でもメインの割りにヤヨの存在感が薄かったですねぇ。
メインは優希、としたほうがナットクだったくらい。
冒頭から散々匂わせた「約束」も正直大したことなかったですし
美咲との確執も種明かしされたら「なんじゃそら」ですし。

カナのほうも作風ガン無視なSF設定とロリ要素をねじ込んできましたけど
あの美少女っぷりでそんなネタ設定必要でしたかね。
ヤヨもカナもシナリオ・絵の双方で
ちょっと可哀想に思えるくらい扱いが軽かった気がします。

正直、期待値はイチリさんのキャラより
せせなさんのキャラのほうが断然高かったのですが
終わってみればかなり大差でイチリさんのキャラのほうが
良かったなという結果。

で、採点表↓
naaimune.jpg
Wエースと見込んだ2人が不発に終わった割りに
そこそこの点数でまとまったのは
その穴を埋めた美咲・優希のおかげですね。

というか絵もシナリオも演出も
明らかにこっち贔屓だった気がするのですが
ホント、なんでこうしたのかナゾですわ。
Comment

管理者にだけ表示を許可する