なんていうボリューム、なんていうノスタルジー、そしてなんていう奥深さ | IWGB
FC2ブログ

なんていうボリューム、なんていうノスタルジー、そしてなんていう奥深さ

2018.04.25.Wed.17:51
「Memories off」の最終章をプレイしてて
ようやくHeavy Sideの2つめ途中まで来てますが・・・

や、これすっげぇwww

現時点で相当なボリュームしてますが
まったく中だるみしてないですね。
割と冒頭から「あー、懐かしい設定っすねぇ」という
過去作からのチョイネタをさり気なく投下しまくって
更にシチュエーションやセリフの言い回しも
あえてどっかで見たことあるようなシーンに寄せてる印象。

過去に誰かの死があったり、二股があったり
別れがあったり、まぁ過去作同様そこそこヘヴィな設定をこなしつつ
それでも日常シーンがそれなりテンポ良いところは
過去作より良いところですね。

過去作を知らなくても普通に読めるテキストですが
過去作を知っていると物凄く意味が込められてるなぁ、
と気付かされる中身してますわ。

そして。
ノエルんがとにかくかわええww
シリーズでも屈指の人気キャラだったクロエ先輩の妹で
6のFDでは幼少期の彼女自身が登場してますし
成長した彼女のキャラはやはり「1」の人気キャラ詩音を彷彿とさせて
こりゃもう過去作からのプレイヤーは全員陥落でしょ、とw

Light Side終盤のノエルとナオのバトルは
2や3の二股とは違って6に近い感じでしたけど
随分とアグレッシヴになったノエルがこれまたカワイイ(ノ∀`)

完全に要らないコと化していたナオも
2人のグッドエンドでは見せ場がありましたしなかなか上手いなぁと。

あとは、やっぱりゲストヒロインが良い味出してましたねぇ。
唯笑に詩音にいのりと、過去作知ってるとパーフェクトなワンポイントリリーフw
特に1の人気キャラ:詩音の登場が泣けます。
詩音の中の人は1本編発売後割とすぐに声優引退し
その後の続編・スピンオフ作品にはセリフなしのワンカットのみ登場、
という状況だったんですよね。
まさかここでオリジナル声優さんでのゲスト出演とは驚かされました。
キャラデザがだいぶBBAになってたのがアレですが、
ノエルとすぐ仲良くなる件はもうナットク。そらそうなりますよねーw

そしてHeavy Side1つめの√をやって思ったのは
「ヘビーはヘビーだけど2の希・望やつばめ先生に比べたらまだまだ」
って事。ところが2周目、まさかこっちにもノエル√があるとはwwww
そしてそこから期待値通りのHeavy級ヒロイン復活にktkr感満載www
や、この展開、この分岐の仕方はめっさ面白いですね。

多少ラストで挽回したとはいえ、ヒロインとしてあまり戦力になってないナオと
柚莉・琴莉姉妹は設定の時点で鬱担当。
マトモなコがノエルしかいないのはもうLight Side時点で気付いていたので
こっからどーすんのか、と思ったらまさかのノエルん連投でもうビックリですw

3の音緒ちゃんがそれに近い扱いだったと思いますが
これはホントに仕様も中身も面白いっすね。

や、最終的にどんな点数になるのか、未だ見当もつきませんが
この後は5のようにサスペンス要素も絡んで来ると思うので
相当に期待できそうです。
「最終章」に相応しい総集編としても、
また最新作としても素晴らしいデキしてますね。
Comment

管理者にだけ表示を許可する