ロープライスの質・量じゃない | IWGB
FC2ブログ

ロープライスの質・量じゃない

2018.06.03.Sun.00:04
実は数日前に終わらせていた「サナちゃん」の感想を。

E-moteで動かす立ち絵にアニメで動かすエッチシーン、
まぁ演出力も表現力も凄ぇなぁと。
1回1回のシーンも相当に長く、ねっとりやってるのですが
それが計17回。

表情や体型にバランスを欠いてるように見える絵も
ちょいちょいありましたが、
ロープライスでこの質と量を詰め込む心意気がホント凄ぇっす。

立ち絵のあるキャラが2人だけ、と絞ってるとは言え
塗りやポーズの差分もやたら多いですし
下手なフルプライス作品より相当に作り込まれてる気がしました。

と言うか、単純にサナちゃん、だいぶ可愛かったと思います。
髪型・髪色・服装などかなりリアルに寄せてるので
キャラデザ的にだいぶ縛りがあったと思うんですけど
そこを上手く逆手にとって、すっぴんでめちゃくちゃカワイイコ、
を出してきたなぁ、という印象です。

そして。
あんまり期待してなかったシナリオが普通以上にしっかりしてました。
3つのエンディングがありましたが、
グッドの締め方は非の打ち所がない大団円。
後味の悪さが残るエンディングもあって、バランス取れてるなぁ、と。

そして個人的に一番ツボったのが音。
BGMは時々場面とミスマッチしてる気もしましたが
その辺のマイナスを軽く取り返してお釣りが来るOP曲
「Innocent Desire」はワタシ的に
今年のベストエロゲソングの有力候補。

また主演の月野きいろさんの演技も良かったですね。
夜ボク」のはやてでもこれまでと違った
シリアスな演技がかなり光ってましたけど、
今回はどこかあっけらかんとしたサナちゃんが持つ
生来の明るさも上手く表現されてる感じで
こういう作風のほうがハマるんじゃないか、と。

そんなところで採点表↓
sana.jpg
こないだ、「9そらいろ」で「ロープライスではダントツトップ」、
とか言ってた気がしますが、翌月、タイ記録が出ましたw

ロープライスとは言えあちらはシリーズ物。
連続で出すことで、表現できることがあれこれ増えるワケですから、
単発でそれと同等に並んだこちらが実質トップなのかもしれません。

あとはアニメになるとやたら動作が重くなるので
スキップする時に非常に面倒だったのですが
アニメをカットできる仕様だったのは助かりましたね。
Comment

管理者にだけ表示を許可する